女性内科とは

女性ホルモンであるエストロゲンは、女性の生涯において最も重要なホルモンです。エストロゲンは生殖に関与し、更年期、閉経になるにつれ減少、なくなっていきます。それに伴い心身ともに様々な変化が起こります。女性のライフスタイルにあった最も適切な加療を目指していきます。女性内科という大きなくくりではありますが、婦人科をパートナードクターとして治療、相談、提案をさせていただきます。

更年期障害

更年期は閉経(50歳ころ)をはさんで45~55歳の約10年の期間をさします。その時期に起こる様々な心身の症状を更年期障害と言います。症状として、ほてり、のぼせの“ホットフラッシュ”、発汗等の血管運動神経症状がよくでます。他に身体症状としてめまい、動悸、息切れ、頭痛、肩こり、腰痛、手足のしびれ、疲れやすい、皮膚乾燥感などがあります。精神症状として不眠、イライラ、クヨクヨする、やる気がでない、神経質、集中力低下など幾つもの症状があります。それぞれの症状の程度は、各個人によって様々です。
更年期障害の原因は、卵巣の機能が低下し女性ホルモンであるエストロゲン減少による所が主です。それに加え社会的、環境的因子が複雑にからみあっていると考えられます。
更年期障害の診断は、自覚症状がまずはじめであり、血液検査を加え判断します。

更年期障害の治療は、すべての人が治療を必要とする訳ではありません。精神症状が主なら対話により、ストレスとなっている悩みをはなし、聞いてもらう事でかなり楽になります。女性ホルモンの減少が原因と考えられる時には、基本的にはホルモン補充療法(HRT)が有効です。体がホルモンを欲しがっているのに、ホルモン量が足らないため諸症状が出ているのです。女性ホルモンの「エストロゲン」を補充します。子宮のある方は子宮体ガンのリスクを減らすため「エストロゲン」と「プロゲステロン」を同時に投与します。子宮のない方は「エストロゲン」のみを投与します。投与方法は、飲み薬が基本ですが、貼り薬(パッチ製剤)、塗り薬、注射があります。ホルモン剤の使用に抵抗のある人はHRTができませんが、「ホルモンはワルモン」という考え方ではなく、うまく適切に使えば「ホルモンはイイモン」なのです。

その他の薬としては、漢方薬、抗不安薬など用いることもあります。また、プラセンタ療法は更年期婦人に対して非常に有効であり、HRTと併用したり単独で用いたりもします。

更年期障害の基本的考え方として、更年期とは月経のある時期から、月経のない時期への「バトンタッチ」の期間です。この時期は心身とも劇的に変化のある時期であり、うまく橋渡しが出来るかどうかでその後の人生が大きく変わってきます。更年期障害でしんどいのを「がまん」する必要は全くありません。症状に応じた治療を選択することで、一番いい時期を一番楽しく過ごす事が大切です。しかしあまり思いつめるのも良くなく、「適当に好い加減」にしていくことも有りでしょう。

骨粗しょう症

女性は閉経の50歳ころから骨密度は急速に減少していきます。これは自然の現象です。背中や腰が痛い、身長が縮んだ、背中が丸く腰が曲がってきた、骨折し易いなどの症状がでてきます。しかも若い年齢でも骨密度が低い人がおられるので要注意です
当クリニックでは、超音波による骨密度測定器で簡単にすぐに骨密度が測定できます。尿検査、血液検査もあります。バランスのいい食事、適度な運動、日光浴(カルシウム吸収を助けるビタミンDを作る)を心がけ、必要なら薬物療法を行います。治療の最終目標は骨折予防です。

ホルモン補充療法(HRT)

HRTとはHormone Replacement Therapyの略で、更年期、プレ更年期で少なくなって欠乏していくエストロゲンを薬で補う治療です。エストロゲン欠乏が続くと心身の様々な不調がおこり、また高脂血症や高コレステロール血症(脂質異常症)、骨粗しょう症や認知症、動脈硬化などの生活習慣病のリスクが高まります。HRTは、体がエストロゲンを欲している状態なのにエストロゲンが少なく欠乏している、それで様々な症状がおこる、なのでエストロゲンそのものを補う、という理にかなった原因療法なのです。
HRTの薬の種類は、内服薬が基本ですが、他に貼り薬(パッチ製剤)、塗り薬、注射があります。それぞれ特徴がありますので、説明を受けた上で自分にあった方法を選択すると良いでしょう。「ホルモンはワルモン」ではなく、うまく使って「ホルモンはイイモン」にしましょう。

HRTすることでのぼせ、ほてり、発汗などの症状がおさまります。意欲や集中力低下を回復します。気分の落ち込みを和らげ元気になります。悪玉コレステロールを減らし、善玉コレステロールを増やし動脈硬化を防ぎます。膣炎や性交痛を改善します。皮膚のコラーゲンを増やし、潤いのある肌を保ちます。骨が溶けるのを抑え、骨量を維持し骨粗しょう症を防ぎます。健康への意識が高まり、社会生活、家庭生活がよりスムーズになります。
HRTは“究極のアンチエイジング”と言えるでしょう。

このように、更年期から考える「セカンドライフ」へのスムーズな「バトンタッチ」がHRTを行うことでできることになります。一人で悩まずに、少しのことでも何か心身に変化があれば受診して下さい。

漢方療法

比較的漢方をよく用います。対象疾患として、月経周期の異常、月経に伴う周辺症状(月経困難症、月経前症候群PMSなど)、風邪、切迫流産、不妊症、下腹部痛、更年期障害、老年期の症状など色んな状況で使用します。

よく用いる漢方として、当帰芍薬散、桂枝茯苓丸、加味逍遥散、加味帰脾湯、芍薬甘草湯、補中益気湯、十全大補湯、大建中湯、温経湯、葛根湯、小青竜湯、麦門冬湯、乙字湯、桃核承気湯、柴苓湯、六君子湯、八味地黄丸、防風通聖散などあります。

  • 月経関連の諸症状:当帰芍薬散、桂枝茯苓丸、温経湯、柴苓湯、桃核承気湯など
  • 風邪:葛根湯、小青竜湯、麦門冬湯など
  • 切迫流産:当帰芍薬散、柴苓湯など
  • 不妊症:当帰芍薬散、桂枝茯苓丸、温経湯、芍薬甘草湯、柴苓湯や、補中益気湯、八味地黄丸など
  • 下腹部痛:大建中湯、当帰芍薬散など
  • 更年期障害:当帰芍薬散、桂枝茯苓丸、加味逍遥散、加味帰脾湯など
  • 便秘、痔:乙字湯、桃核承気湯、防風通聖散など
  • 肩こり、筋肉痛:芍薬甘草湯、葛根湯など
  • 体力低下、食欲不振:補中益気湯、十全大補湯、六君子湯など

脂質異常症

脂質異常症とは

  1. 1 高LDLコレステロール血症
  2. 2 低HDLコレステロール血症
  3. 3 高トリグリセライド血症

に分かれます。

LDLコレステロールを悪玉コレステロール、HDLコレステロールを善玉コレステロールとも呼ばれますが、LDLコレステロールもHDLコレステロールも体にとって必要なものです。脂質異常症では動脈硬化が進み、心筋梗塞や脳梗塞などの合併症を引き起こします。
治療は食事療法、運動療法、薬物療法がありそれぞれ症状、程度にあった無理のない治療をすることが大切です。検査データを見ながら当クリニックで必要に応じて薬での加療を行なっています。

甲状腺機能異常

甲状腺ホルモンは新陳代謝や成長を促すホルモンです。甲状腺機能異常とは甲状腺ホルモンが多くなったり少なくなったりする病気で、女性に多く見られます。症状は、動機・息切れ、疲れやすい、汗が増える、食べるのに痩せてきた、イライラ、寒がりになった、皮膚が乾燥カサカサ、むくみ、月経不順、食欲ないのに太ってきた、など症状が徐々にでてきます。採血でホルモン値を測定します。異常が認められれば薬による加療を行なっています。

高血圧症

高血圧症とは血圧がある一定の値より高く、そのままにしておくと循環器系の病気になりかねない危険な状態をいいます。高血圧症になりやすい要因として、遺伝、ストレス、肥満、喫煙、運動不足、アルコールの飲み過ぎ、塩分・糖分の過剰摂取、野菜・果物をあまり取らないなど生活習慣に起因したことが原因として多く認められます。治療は生活習慣の見直し・修正で食事療法、運動療法などの薬に頼らない方法と、薬物療法があります。それぞれ血圧の程度、生活状態により加療しています。